読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロティスト「夢野 雫(ユメノ シズク)」のブログ

都内で活動するタロティストのブログです。

私の過去の話

私の事 タロット

私も、過去においては「エゴの塊」でした。

 

タロットと出逢い、自分を見つめ直し、自分自身の生き方を変えました。

 

大学を卒業して、学生の「就職人気企業ランキング」の上位の企業に入社しました。とても華やかな業界であり、バブルがはじけた後の入社とは言え、チヤホヤされる環境に浸かることになりました。

 

私は早い時期に結婚したのですが、妻は堅実さや地味を好む女性でした。しかし、一方で、その頃の私は、元妻のそのような面を嫌いました。価値観が合わないと感じていたのですが、今振り返ってみると、私の「エゴ」が強すぎました。相手に合わせて「価値観を変える」柔軟さを持ち合わせていなかったのです。私の父が教育者でありながら、食器や服のデザインをしたり、「食通」と周囲から呼ばれるような道楽を楽しんでいたりしたので、若い私にも贅沢な生活がいつの間にか身についていました。

 

元妻は、新聞に挟み込まれる複数のドラッグストアのチラシを見比べ、安い商品を買い回り、質素な服に身を包んで贅沢を嫌いました。義理の父は金融機関に勤める寡黙な人物で、その教えを体現していたのです。

 

私の会社員時代は猛烈に働き、ストレスを人の何倍も溜め、そのストレスを大いに発散しました。朝に帰宅することは当たり前で、元妻は一言も文句を言わず、静かに生活を送っていました。

 

語ると長くなりますが、私は離婚と退社をほぼ同時に迎えることになりました。その後、落ち着いて考える時間を持ち、ヨーロッパで二人のタロティストと出逢い、自らの人格や人生を見つめ直すことに至りました。「エゴを捨てる」ことの重要性を実感して自分の人生に反映させるようになったのも、二人の「師」のおかげです。

 

「人生の後半は、人のために役立てる」

 

そう決めて、私は日々を生きています。タロットの偉大なる力を、多くの人に届けることが私の使命です。

 

f:id:shizuku_yumeno:20170217115832j:plain