読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロティスト「夢野 雫(ユメノ シズク)」のブログ

都内で活動するタロティストのブログです。

ネット鑑定に見る明らかに怪しいメニュー

タロット

私は、タロットの正統な位置づけ(position)を重視し、タロットの持つ長所を最大限に生かしながら、依頼者様と向き合うことを日々心がけています。

 

一方で、タロットには弱みもあります。最大1年先までしか予見できないこと、取るべき細かなアクションまでは読み取れないことなどが弱みとして挙げられます。

 

ネットでの鑑定を2015年の10月よりスタートして気づいたのですが、ネット特有の非常に怪しいメニューが多く存在します。

 

まず、カードを開示しない鑑定者が多いことに驚きました。対面鑑定でカードを伏せたまま鑑定者が自分の側から覗き、そこから何のカードが出現したかも伝えずに鑑定を始めたら、あなたはどう思うでしょうか。大きな不信感を抱くはずです。しかしながら、ネットでは対面していないことを悪用して、カードを開示しない鑑定者が多く存在します。

 

次に、依頼者様の知りたい心理を逆利用する鑑定者がいます。病気や生死、赤ちゃんを授かるかどうか、ペットの心理などをテーマとして設定して鑑定を展開する鑑定者です。そもそも、動物の心理をタロットで鑑定することはヨーロッパでは「邪道」とされ、「除名」や「破門」の対象となります。

 

また、タロットの弱みを埋めるために「霊感」や「直感エネルギー」と称し、あたかも「見えています」とばかりに鑑定を展開する鑑定者も信頼に値しません。そもそも、霊感や直感が非常に優れているのであれば、優秀な霊能者たちがそうしているように、タロットの力に頼らず、己の中の霊感、直感だけを用いて鑑定を行うべきです。

 

怪しい鑑定者がはびこる中で、私は真摯に鑑定に向き合うしかないと考えています。対面鑑定であれ、ネットでの鑑定であれ、最高の鑑定をお届けできる唯一無二の存在であらねばと思います。

 

f:id:shizuku_yumeno:20170131111014j:plain